[PR]

 ロシアのプーチン大統領と同国を訪問中の習近平(シーチンピン)中国国家主席は5日夕、モスクワ動物園で、中国から貸与されたジャイアントパンダのお披露目式に出席した。

 パンダの貸与が決まったのはプーチン大統領が北京を訪問した4月。1歳の雌と2歳の雄のつがいがモスクワまで運ばれ、検疫所や動物園内の隔離施設で過ごしていた。

 ロシアにパンダが登場するのは、短期の貸与があった2001年以来。今回の2頭は今後15年、モスクワ動物園で暮らす。プーチン氏はお披露目の前に、クレムリンで行われた首脳会談の共同発表で「ロシアに対する尊敬と信頼の証し」と習氏に感謝した。

 両首脳は、中国語コンクールの参加者やロシア駐在中国外交官の子どもたちと一緒に雄と対面。2頭は6日から新しいパンダパビリオンで一般公開される。(モスクワ=喜田尚)