[PR]

 6日午前5時20分ごろ、横浜市泉区下飯田町の市営地下鉄ブルーライン下飯田駅近くで、湘南台(神奈川県藤沢市)発あざみ野(横浜市青葉区)行きの始発列車(6両編成)が脱線した。同日未明に線路上で点検作業をした後、線路上に置き忘れた金属製の器具に乗り上げたとみられる。列車には約130人が乗っていたが、けが人はいなかった。

 事故の影響でブルーラインは一時全線で運転を見合わせたが、午前6時40分に踊場(おどりば)―あざみ野間で折り返し運転を始めた。湘南台―踊場間は運行休止が続き、踊場―相鉄線いずみ中央間で代行バスを走らせている。

 市交通局によると、列車は下飯田駅から約150メートル進んだトンネル内で「横取り装置」と呼ばれる器具に乗り上げ、先頭から5両目まで脱線した。当時、時速35キロ前後で進んでいたという。

 横取り装置は、保守車両が側線から本線に乗り入れるために線路上に置かれる。同日午前1時半ごろから約2時間、横取り装置の点検を作業員3人がした後、外すのを忘れたとみられる。

 横浜市の林文子市長は「先日の…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら