[PR]

 架空の仕入れ代金を計上したとして、仮想通貨(暗号資産)の販売を手がけていた「エクラドクール」(那覇市)が、東京国税局などから2017年5月期までの2年間で約9億円の所得隠しを指摘されたことがわかった。追徴税額は約3億円で、すでに修正申告したとみられる。

 関係者によると、同社は米国の「ネオシード」社が発行したとする「サークルコイン」を販売。米国からのコインの仕入れ代金約9億円を計上していた。東京国税局と沖縄国税事務所は税務調査の結果、「米国の仕入れ先には実体がなく架空経費にあたる」と判断し、所得隠しを指摘した。コインは東京都内の会社が発行していたという。