[PR]

 福井、滋賀両県に残る旧北陸線のトンネル群をPRするカードが完成した。明治時代に建設され、鉄道遺産となったトンネルの魅力を発信することで、現地を訪れてもらうのが狙いだ。

 福井県南越前町と同県敦賀市、滋賀県長浜市などでつくる観光連携協議会が15種類のカードを制作した。縦約6センチ、横約9センチで、各400枚限定。表にトンネルの写真、裏には所在地や全長、着工・竣工(しゅんこう)の年、トンネルの特徴の情報を載せた。

 この地域は鉄路との縁が深い。1884年に金ケ崎(敦賀市)―長浜間、96年に敦賀―今庄(南越前町)間の鉄道がそれぞれ開通した。その後、北陸線のルート変更や北陸トンネルの開通でこれらの鉄路は廃線になったが、そこに残る11本の鉄道トンネルは国の登録有形文化財になっている。

 カードはこの11本のトンネル…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら