[PR]

 憧れの甲子園を仲間と共に目指した日々を糧に、プロの世界でさらなる高みを目指す。広島東洋カープの中心選手として活躍する鈴木誠也外野手は、東京都内の二松学舎大付からプロ野球入りした。野球への思いを深めた高校時代のエピソードや、「101回目の夏」に挑む球児に向けたメッセージを聞いた。

 僕は甲子園に行けなかったので、同世代の大谷翔平(大リーグ・エンゼルス)や藤浪晋太郎(プロ野球・阪神)らが甲子園で活躍する姿を目に焼き付けていました。どうやって近づき、どうやって追い越せるか。同じことをしていても何も始まらない。プロ野球選手になった今もそうですが、ライバルたちに負けたくないという気持ちでした。

<2012年夏、二松学舎大付のエースとして最後の東東京大会に臨んだ。準々決勝で成立学園に敗れた。ベンチで目に涙を浮かべた>

 先発して初回に3点を失ってしまい、左翼の守備に回りました。逆転して1点リードの八回裏に1死一、三塁のピンチとなり再びマウンドに戻りました。谷岡竜平(たっぺい)(プロ野球・巨人)に直球勝負を挑んだが、高めに浮いた球を打たれました。皆で甲子園を目指していたので、「勝てなかった」のがとても悔しかった。でも、体は限界でした。

 2年生の時に足を痛めてから、投手としては思うように投げる球が走らなくなっていました。「またけがをするんじゃないか」との怖さもあり、全く力が入らない時もありました。けがをすると、体がどうにもならなくなり、何かが狂うきっかけになるので、高校球児たちも、気をつけてもらいたいです。

 そんな状態でも「誠也で負けたら仕方ない」と励ましてくれた仲間の存在は大きかったです。自分が打たれても、何度も取り返してくれました。一人の力では絶対に勝てないし、みんなで力を合わせないと上は目指せない。自分でも分かっていました。寮で一緒に過ごした仲間とは互いの思うことを何でも言い合えて、僕たちだけの友情が生まれた気がします。

 高校野球の3年間は人生において大切な時間でした。いろいろな面で成長させてもらいました。甲子園に行く以上に大切なことを学びました。

<走攻守の3拍子がそろった逸材としてプロから注目された。その年のドラフトで広島から指名された。投手ではなく、内野手としてだった。今は外野手で活躍する>

 プロ野球では高校野球と違って練習や試合がずっと続きます。体力的に厳しいところですが、高校時代に厳しい練習をたくさんこなしていたので、時には「やらされる練習」も本当に大切なことだと思います。妥協を許さず、自分に負けないで練習に励むことを意識しています。

 カープでレギュラーをつかみ取ってから、セ・リーグ3連覇を経験しました。自分だけで成し遂げたのではなくて、チームで達成したことに意味があると思います。自分が打てなくても試合に勝てば救われるし、逆に負けてしまうと自分を責めてしまう。これは高校野球をやっていた時からの「自然体」です。

 長いシーズンを戦ううえで、チームが勝っていれば何事も前向きな気持ちになりますし、自分の結果もついてくるのかなと思います。「チームを大切にする」は市原勝人監督から繰り返し指導してもらったことです。その気持ちは今も同じです。プロである以上、結果が求められるけど、それよりも大事なことだと思います。

<市原監督は「キラキラではなく、けがで痛々しい中で頑張った」と振り返る。今は新聞で教え子のコメントを読む。「個人の結果ではなくチームの話をし、負けたら素っ気ない。周りに気を配る好きなタイプの選手になった」>

 18歳の夏は、人生で一度しか迎えられません。甲子園も大切でしょうが、それ以上にいい経験が地方大会にもたくさんあるはずです。強豪校だろうがそうでなかろうが関係なく、楽しんでプレーしてほしい。勝っても負けても、そこで得たものは、今後の人生にきっと生きていくはずです。チーム一丸となって、負けを怖がらず、失敗を怖がらず、高校生らしく頑張ってください。(構成・原田悠自、山田知英)

     ◇

 すずき・せいや 1994年8月、東京都生まれ。二松学舎大付で1年秋から投手として活躍した。2年だった2011年の東東京大会は4強で、日米親善高校野球大会の都選抜メンバーに選ばれた。最速148キロの本格派で、「東東京大会ナンバーワン投手」と称された。高校通算で40本を超える本塁打を放った長打力や50メートル5秒台の俊足などで野手としても高い評価を受け、12年のドラフトで広島東洋カープに2位で指名された。16年から3年連続でセ・リーグのベストナインに選ばれ、チームのリーグ3連覇に貢献した。