[PR]

 日本郵便は6日、大阪市内で28、29日に開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議で大規模な交通規制が行われるため、27~30日は近畿地方を発着する郵便物や宅配便「ゆうパック」などに1~2日程度の遅れが出る見込みだと発表した。一部のサービスについては、申し込みを控えるように呼びかけている。

 期間中は、大阪府内を通過する郵便物などにも1~2日程度の遅れが出る見込みだという。近畿発着の配達日時を指定した郵便物などと、「保冷ゆうパック」は遅れが出た場合の影響が大きいため、期間中は差し出しを控えるように呼びかけている。飛行機で運ぶ旅行かばんなどを先に空港に送っておく「空港ゆうパック」の関西空港あての荷物については、「時間に余裕をもって送って欲しい」(広報)としている。

 宅配便最大手のヤマト運輸も5月末、G20の前後の期間、大阪府と兵庫県の一部を発着する宅配便の日時指定や冷蔵冷凍商品を運ぶ「クール宅急便」の荷物の受け付けなどを制限すると発表している。(生田大介)