[PR]

 国産初のジェット旅客機「MRJ」の開発を進める三菱重工業が、小型旅客機事業の買収交渉を、競合相手のカナダ・ボンバルディアと進めていることが明らかになった。背景には両社それぞれの差し迫った事情がある。

 関係者によると、三菱重工にはカナダ政府の高官からもアプローチがあった。「カナダの首相肝いりの案件」とも言われる。

 ボンバルディアは、米ボーイング傘下に入るブラジル・エンブラエルと並ぶ小型旅客機の大手だ。

 しかし、近年は経営が振るわず、もう一つの柱である鉄道事業に注力する方針だ。機体サイズが100~150席の旅客機事業は欧州エアバスにすでに売却。残る50~100席の旅客機事業も売却先を探していた。

 三菱重工が買収しようとしているのは、この事業だ。70席と90席を用意するMRJと一部重複する。

 MRJの航空会社からの受注は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら