[PR]

 海女が盛んに活動する場所として知られる三重県鳥羽市が、海女が息づく日常を文化としてフランスに広めようと活動している。文化や芸術などに関心が高いフランス人の気質に着目し、主に富裕層の訪日を促すことで、観光振興につなげたい狙いがある。

 ドイツとフランスが共同出資する公共放送「アルテ」の取材クルーが6月5日から5日間、市内で取材と撮影を行った。本物の海女が素潜りで魚介類を採る場面や、磯着に身を包んだ海女が神社を参拝する様子を撮影。また、真珠王・御木本幸吉ゆかりの地や温泉施設などでも取材した。

 市観光課によると、撮影された素材は15~20分にまとめられ、9月から10月ごろ、富裕層や旅行愛好家向けの番組「旅への招待」で紹介される予定だという。担当者は「放送されれば観光客増につながる無限の可能性がある」と期待を寄せる。

 県内でも屈指の観光地として知…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら