[PR]

 津波に襲われ、宮城県山元(やまもと)町から流されたオートバイが翌年、約6500キロ離れたカナダの海岸で見つかった。「奇跡」として世界中でニュースになり、現在は米国の博物館で展示されている。それに触発された町民が今春、震災の風化を防ぐ一助に、と被災したバイクの展示館を地元につくった。

 2012年4月、カナダ西部のブリティッシュコロンビア州の海岸に、コンテナに入った宮城ナンバーのオートバイが漂着した。米国製ハーレーダビッドソンの「ナイトトレイン」。コンテナの扉はなくなっていたが、車体は原形をとどめていた。水没せず太平洋を横断、流れ着いたことが、大きな反響を呼んだ。

 間もなく、所有者は山元町職員の横山育生さんと分かった。08年に購入し、コンテナはガレージ代わりに使っていた。町内の自宅からカナダまで約6500キロも離れていた。

 「無償で修理して返送したい」。米国のハーレー本社から打診があったが、横山さんは「震災の惨事を世界のバイクファンに知ってもらいたい」とハーレーダビッドソン博物館(米ウィスコンシン州)に寄贈。今は往年の名車とともに展示されている。

 そうした動きに注目していたのが、町内で自動車販売・修理業を営む成毛(なるけ)政孝さん(65)だ。

 震災で壊滅的な被害に遭った沿…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら