[PR]

 沖縄県警は、大麻取締法違反(所持など)の疑いで、高校生3人を含む県内の16~19歳の男女5人を逮捕し、6日に発表した。

 発表によると、高校生3人は女子2人と男子1人で、いずれも自宅などで大麻を所持していた疑いがある。また譲り受けた疑いで無職少女(18)を、譲り渡した疑いで女子高校生の知人の少年(19)を、それぞれ逮捕した。

 県警は、高校生らがSNS上で「野菜」という隠語を使い大麻の取引をしていたことをつかみ、複数の事件として捜査していた。高校生らは調べに「興味本位で吸った」「体に影響はないと思っていた」などと供述しているという。