[PR]

 看護師を装い、無資格でインスリン注射や採血をした疑いのある千葉県の男が、高い時給を得るために身分を偽ったとみられることが県警への取材でわかった。県警は6日、この男を偽造有印公文書行使と保健師助産師看護師法違反の疑いで逮捕し、発表した。

 生活経済課によると、男は鎌ケ谷市鎌ケ谷9丁目の下條康司容疑者(54)。かつて事務職として働いていた施設で入手した看護師の看護師免許証をコピーし、自身の名前に貼り替えたという。「看護師として派遣されれば時給が高くなるのでやってしまった」と供述しているという。県警は、下條容疑者が偽造した看護師免許証のコピーを使って約5年前から複数の施設で勤務し、収入を生活費にあてていたとみている。

 下條容疑者は昨年4月10日ごろ、偽造した看護師免許証のコピーを派遣会社の社員に提示。派遣された千葉県柏市の特別養護老人ホームで昨年5~8月、無資格にもかかわらず、入所女性(87)に49回にわたってインスリン投与などの注射をし、入所女性(98)の採血をした疑いがある。(多田晃子、寺沢知海)