[PR]

炎上広告に記者が学ぶ まとめ

 女性にまつわる表現に問題があったとして、企業の広告がネット上で「炎上」するケースが相次ぎました。表現に問題があったと感じた2人の女性記者に、2人の男性記者が「この広告がなぜそんなに炎上したのかわからない」と疑問を呈しました。

 炎上の理由がわからなくてモヤモヤする男性記者と、ジェンダー問題の本質をわかってもらえないのか、とモヤモヤする女性記者。そこで4人は、ジェンダーや企業広告に詳しい治部れんげさんを訪ね、炎上した企業広告について、表現上の問題点がどこにあったのかを解説してもらい、記者を交えて議論しました。

 男性と女性の「役割」を決めつけるような広告、「あるある」と共感を誘っているようで女性への偏見を助長している広告、女性の生きづらさの根っこにある社会の問題を脇に置いて「個人でがんばって」というメッセージを発してしまっている広告――。炎上した四つのケースを議論し終えて、記者たちは何を思うのでしょうか。

リュウ「フェミムラで終わらせない」

リュウ 「女性同士は実は不仲」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら