【動画】2歳の女児が死亡し、母親らが傷害容疑で逮捕されたことを受け、札幌児童相談所が記者会見=戸田拓撮影
[PR]

 2歳女児に暴行し、けがをさせたとして、北海道警は、母親の飲食店従業員池田莉菜容疑者(21)=札幌市中央区南10条西13丁目=と、交際相手の飲食店経営藤原一弥容疑者(24)=同区南12条西8丁目=を傷害容疑で逮捕し、6日発表した。女児は5日朝、病院で死亡が確認された。複数のあざがあり、司法解剖の結果、死因は衰弱死だった。道警は日常的な虐待があったとみて死に至った経緯を調べている。

 一方、札幌市児童相談所(児相)は、昨秋以降、虐待の通告を警察などから複数回受けていたことを明らかにした。昨年9月末に家庭訪問で一度は会えたが、再び虐待情報があった今年4月以降は、母子との面会を何度も試みたが果たせなかったという。

 道警によると、両容疑者は5月上旬から6月5日までに池田容疑者の自宅アパートで長女の詩梨(ことり)ちゃん(2)に暴行し、頭や顔などにけがを負わせた疑いがある。道警は両容疑者の認否を明らかにしていない。

 池田容疑者が5日午前5時ごろ、詩梨ちゃんの体調が悪いと119番通報。救急隊員が駆けつけたときには心肺停止の状態だったという。司法解剖の結果、複数のあざが見つかり、道警は、あざの状況から少なくとも1カ月前には暴行があったとみている。

 池田容疑者は詩梨ちゃんと2人暮らし。藤原容疑者が頻繁に池田容疑者宅に出入りしていたという。

 記者会見した札幌市児童相談所によると、最初に虐待の情報があったのは昨年9月28日。児相は同日、池田容疑者宅を訪問し、詩梨ちゃんにあざや傷がないことを確認、育児放棄はないと判断した。

 しかし、今年4月5日になって「昼夜問わず子どもの泣き叫ぶ声が聞こえて心配だ」という情報が寄せられた。児相は自宅を訪問し、繰り返しも電話かけたが、母子に会えなかった。

 政府は昨年、東京都目黒区の女…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら