[PR]

 富士山の5合目を目指し、自転車で駆け上がる「第16回Mt.富士ヒルクライム」(山梨県自転車競技連盟、県サイクリング協会などの実行委員会主催、朝日新聞社など後援)が富士スバルラインを舞台にあり、約8千人が全長24キロ(標高差1270メートル)の山岳レースに挑んだ。

 選手たちは実力に準じて20クラスに分かれ、5分間隔で富士吉田市の富士北麓(ほくろく)公園をスタートした。

 男子選抜クラスで優勝したのは神奈川県藤沢市の会社員、佐々木遼さん(25)でタイムは57分43秒。最後の直線200メートルで7人の集団から抜け出した。「体力を温存してスプリント勝負にかけました」と話す。

 女子選抜クラスに出場した鹿児…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら