[PR]

 昭和を代表するアイドルだった山口百恵さんが7月末、キルト作家・三浦百恵さんとして39年ぶりに本を出す。結婚を機に始めたキルトの作品集「時間(とき)の花束 Bouquet du temps(ブーケ・デュ・タン)」。版元の日本ヴォーグ社の担当者は「ご自身が着想、デザインして作ったキルトは、色使いがとても美しい」と話す。

 同社が6日発表した。家族や友人のためにつくった作品など約70点を掲載。作品にまつわる家族らとのエピソードも紹介する。あとがきには「今、暮らしの中に手仕事の時間があることをとても幸せに思っています」と記しているという。

 百恵さんは1980年、俳優の三浦友和さんとの婚約を発表し、同時に芸能界からの引退を宣言した。引退してからは一切、表舞台に出ていない。同社によると、80年に自叙伝「蒼(あお)い時」を刊行して以来、39年ぶりの著書だという。

 10月3~5日に東京都豊島区の池袋サンシャインシティ文化会館ビルで開かれる展覧会では、収録した百恵さんの作品も展示する予定。

 著書はオールカラーの128ページ、税込み2160円。(宮田裕介)