【動画】来年7月デビューの次世代新幹線「N700S」が360キロを突破=細沢礼輝撮影
[PR]

 JR東海は6日深夜、来年7月上旬にデビューする新型車両「N700S」の試験走行を報道陣に初公開した。N700Sは、米原―京都間を同社の営業車両としては過去最速の時速360キロで走行し、車両性能の高さをアピールした。

 時速360キロ走行は5月24日に初めて成功し、今回が5回目。6日深夜の試験走行では、午後11時41分に米原駅を出発。徐々に速度を上げ、8分後に滋賀県の近江八幡市と野洲市の区間に入り、約40秒間にわたって時速360キロ以上で走った。車内に設置された速度モニターには、この日の最高速度として時速362キロが一時表示された。

 東海道新幹線では16両編成が基本だが、N700Sの特徴の一つは8両や12両など編成を変えられる点にある。JR東海が絡む米テキサス州や台湾の海外事業で、これをセールスポイントとして導入に弾みをつけたい考えだ。

 試験走行後、報道陣の取材に応じたJR東海新幹線鉄道事業本部の上野雅之・副本部長は「走行性能を含めたポテンシャルは非常に高いことが実証できた」と自信をみせた。

 一方、JR東海は来春、保有車両すべてが最高速度285キロ(東海道区間)の「N700A」に統一されるが、N700S導入後も最高速度に変更はないと説明している。(佐藤英彬)