[PR]

 前線を伴った低気圧が通過する影響で広い範囲で大気の状態が不安定になり、西日本では7日未明から局地的に非常に激しい雨が降った。気象庁などは先月末に始めた災害の危険度を5段階で示す警戒レベルを初めて運用。広島県と山口県でレベル4相当にあたる土砂災害警戒情報を発表した。レベルに合わせて一時、山口県岩国市や広島市などでは避難勧告が発令され、住民全員の避難を呼びかけた。

 また同庁は7日午前、関東甲信と東海、北陸、東北南部の各地方が梅雨入りしたとみられると発表した。

 同庁によると、7日午前10時までの24時間降水量は山口県岩国市で150・0ミリ、周南市で136・5ミリ、広島県廿日市市で121・5ミリなど。いずれも激しい雨を観測した。

 西日本と東日本では8日にかけて大雨が続く見込みで、8日朝までに予測される24時間降水量は多いところで四国で200ミリ、九州南部や近畿、東海で120ミリ、九州北部で100ミリ。同庁は土砂災害や低地の浸水、河川の増水など注意を呼びかけている。(金山隆之介)