福井)枯渇の危機 中池見湿地の保全基金

有料会員記事

八百板一平
[PR]

 国際的に貴重な湿地を守るラムサール条約に登録されている中池見湿地(福井県敦賀市樫曲)。その保全のための基金が2022年度にも枯渇する見通しだ。市は経費削減などで基金の「延命」を図る考えだが、生態系の保全や見学者の受け入れへの影響を危惧する声も出ている。

 「あっ、いた」

 5月中旬、たも網を使ってヨシの根元を探っていた親子が歓声をあげた。泥の中から引き揚げた網の中に入っていたのは、外来種アメリカザリガニだ。

 月に1回の駆除作業は、中池…

この記事は有料会員記事です。残り1320文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら