[PR]

 米ニューヨークで1969年に起き、LGBTなどの性的少数者の権利を訴えるパレードなどが始まる発端になったとされる「ストーンウォール暴動」について、ニューヨーク市警のオニール本部長は6日、初めて公式に謝罪した。オニール氏は「差別的で抑圧的だった」と述べた。

 警察は69年6月28日、同性愛者らが集うバー「ストーンウォール・イン」を家宅捜索。当時くり返された不当な弾圧の一環ととらえた同性愛者らが集団でこれに反抗し、暴動は数日間続いた。翌年の6月にはデモ行進があり、現在のLGBTのパレードにつながったといわれる。

 オニール氏は「ストーンウォールの出来事に触れないのは無責任に思う」と切り出し、当時の家宅捜索について、「間違っていた。単純で明白だ」と述べた。

 パートナーの男性とともに6日…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら