ファーウェイ幹部の引き渡し審理、来年1月開始

有料記事

ニューヨーク=藤原学思
[PR]

 米国の要請を受けてカナダが逮捕した中国通信機器大手・華為技術ファーウェイ)の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(47)の米国への引き渡しについて、バンクーバーの裁判所は6日、来年1月20日から審理すると決めた。ロイター通信などが報じた。

 同通信によると、孟氏の弁護団は裁判所に対し、来年11月までには審理を終わらせるよう提案したという。孟氏は保釈中で、裁判所に姿は見せなかった。華為は「事件は政治的、経済的な判断によるもので、法の支配によるものではない」との声明を出した。

 昨年12月に孟氏が逮捕され…

この記事は有料記事です。残り243文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません