[PR]

 三菱航空機の水谷久和社長は名古屋市内で会見し、国産初のジェット旅客機「MRJ」の70席規模の機体について、17日に始まるパリ航空ショーで概要を発表する方針を示した。

 MRJは2020年半ばに初号機の納入を目指しており、90席規模の機体開発が大詰めを迎えている。ただ、最大市場の米国では、航空会社の労使協定によって、この機体が運航できない状況が続いている。そのため、三菱航空機は協定に該当しない70席規模の機体の開発を急ぐ。水谷氏は7日の会見で「市場に投入するならどういうものがいいか、我々の考えを世界の皆さんに話したい」と述べた。

 また、親会社の三菱重工業が、カナダの航空機大手ボンバルディアから小型航空機事業を買収する方向で交渉している件については、「検討中」とした上で「答えが出ているわけではない」と話した。このほか、海外生産については「一つの製造ラインで追いつかないとなれば、将来の選択肢としてはありうる」と説明した。具体的な検討はしていないという。(初見翔)