「なぜ知ってる」突然の転職勧誘メール、仕掛け人はAI

有料会員記事

牛尾梓渡辺淳基
[PR]

シンギュラリティーにっぽん

 私も知らない「自分」を、人工知能(AI)が分析していたとしたら。大量の個人データからその人を評価し、企業の採用や人事管理に活用する動きが広がりつつある。私たちは、どこまで見透かされているのだろうか。牛尾梓渡辺淳基

天職に偶然ではなく必然で出会う

 突然来た一通のメールが、細西伸彦さん(42)の転職のきっかけになった。

 「関心のあるプログラミング言語を生かして、一緒に働きませんか」

 縁もゆかりもなかったIT大手サイバーエージェントの人事担当者から昨年3月、誘われた。福岡市に住んでいることまで触れられていて、「何で僕のことをここまで知っているのだろう」と驚いた。

 市内の物流会社で倉庫管理のシステムを開発していた。ビッグデータの解析やAIの勉強をしており、技術が生かせる企業に転職したいと思った時期もあったが、活動はしていなかった。エンジニアの情報共有サービスに、自ら開発した技術を投稿していたぐらいだった。

 そんな両者を結びつけたのが…

この記事は有料会員記事です。残り3082文字有料会員になると続きをお読みいただけます。