[PR]

 米グーグルは6日、有料ゲーム事業「スタディア」を米国など14カ国で今年11月から始めると発表した。米国では月額9・99ドル(約1080円)の定額課金(サブスクリプション)にする。

 14カ国はほかにカナダや英仏などで、日本は含まれていない。同社は14カ国以外について「2020年やそれ以降に広げられるよう努力している」と述べた。日本で楽しめるのは20年以降になりそうだ。

 グーグルは今年3月、定額型のゲーム事業への参入を発表。スタディアはゲーム専用機を使わず、グーグルのデータセンターと通信する形で楽しむ「ストリーミング型」のゲームサービスだ。値段が安いタブレットやスマートフォンでもゲームを楽しめると説明していた。

 通信ゲームのため、利用者側の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら