[PR]

 一般人に性別を確認するVTRを報道番組のコーナーで放送した問題について、読売テレビ(大阪市)は7日、検証結果と再発防止策を公表した。同社の公式サイトに掲載し、VTRを流した番組「かんさい情報ネット ten.」の中で説明した。

 「セクシュアリティーに関する認識の欠如」「本人承諾さえあれば問題ないという認識の危険性」「VTRチェック体制の不備」が問題点と報告。VTR放送後の5月13日からプロデューサーに加えて管理職もこの番組の映像チェックに立ち会っているが、今月1日付でチーフプロデューサーを1人増員し、さらに内容をチェックする管理職として「危機管理責任者」を新たに配置したという。

 5日には、性的少数者について…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら