[PR]

 東京にいる外科の専門医が北海道の病院にあるロボットを操作して手術する――。遠隔手術の実現に向け、日本外科学会が7月にもガイドライン作りに着手する。環境が整い次第、数年以内に実際に手術して安全性を確認する。外科医不足が深刻化する中、全国どこにいても患者が質の高い手術を受けられる環境を目指す。

 遠隔手術には、内視鏡手術支援ロボット「ダヴィンチ」を使う想定だ。国内に350台以上あり、心臓弁を作る手術や胃がんの摘出など14種類の手術で医療保険が適用されている。ダヴィンチは、数本のロボットアームがついた本体と操縦する装置から成り、通信回線で結ばれている。アームの先端についたカメラや手術器具を、執刀医が少し離れた所から3次元画像を見ながら操る。

 厚生労働省のオンライン診療の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら