[PR]

セコム 中山泰男社長に聞く

 警備業は人手不足が深刻な業種の一つといわれる。どう対処するのか、業界大手セコムの中山泰男社長に聞いた。

 いま、有効求人倍率は全職種平均で1倍超ですが、警備員を含む「保安の職業」はおよそ7~8倍で推移しています。東京では20倍を超える時もあります。警備のニーズはあるのに、あてがう人がいません。

 セコムでは、他の企業と開発した「バーチャル警備システム」を2020年春から、世界に先駆けて実用化します。

 ガラスメーカーのAGCが提供するディスプレー上に、ディー・エヌ・エー(DeNA)がデザインした「疑似」警備員が映し出されます。AI(人工知能)を搭載し、来訪者と会話もできます。NTTドコモに「5G」の通信環境と、音声認識サービスを提供してもらいます。

 たとえばビルなら、各階にディスプレーを置き、センサーで異常を察知すると、センターにいる本物の警備員が駆けつけるイメージです。本物の警備員を配置した場合の半額程度の料金をめざしています。

 山口県美祢市の刑務所では、ド…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも