[PR]

 2024年の有人月面着陸を目指す米航空宇宙局(NASA)に対し、トランプ米大統領は7日、「これほどお金を使っているのに、NASAは月に行くなどと話すべきではない」とツイートした。ただ、計画は元はと言えば、トランプ氏をはじめとする政権の指示によるもの。方針転換ともとれる内容に波紋が広がっている。

 トランプ氏は専用機で欧州訪問から米国に戻る途中、ツイートで1969年のアポロ11号による人類初の月面着陸に言及、「すでに50年前にやっている。火星など、もっと大きなことを目指すべきだ」とした。ただ、「月は火星の一部」などの表現もあり、混乱が見られる。米メディア研究者のツイートによると、投稿の直前に保守系テレビのFOXビジネスで、司会者がNASAの月面着陸計画に疑問を投げかけており、それに反応した可能性が高いという。

 NASAのブライデンスタイン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら