[PR]

 平成最後の試合でプロ初勝利を上げたロッテの高卒3年目・種市篤暉(あつき、20)が8日の巨人戦を前に、東京ドーム内にある野球殿堂博物館に寄贈された試合のウィニングボールにサイン入れをした。

 4月29日の楽天戦で先発登板し、5回2失点で勝ち投手になった種市。プロ初勝利のウィニングボールは選手本人がもらえるのが慣例だが、試合後に一度手渡されたものの、ヒーローインタビューの直前に回収されてしまったという。

 博物館には、平成最後の他の5試合のウィニングボールも展示されているが、勝利監督と試合終了時の投手の他に名前が入っているのは種市だけだ。

 この日、記念球と再会した種市は「家に置いておくより、ここで飾られる方が光栄です」と話したが、「これ、二度と触れないですよね?」と、ボールのあちこちをぺたぺたと触っていた。(室田賢)