[PR]

 日本トランスオーシャン航空(JTA、那覇市)は8日、午前6時40分羽田空港発宮古空港行きの便に乗務予定だった男性機長(45)から、乗務前にアルコールが検出されたと発表した。代わりの乗務員を手配できず、同便と、午前10時20分宮古発那覇行きが欠航し、乗客計283人に影響が出た。

 JTAによると、機長は8日午前4時40分、宿泊先のホテルを出る際の検査で呼気1リットルあたり0・19ミリグラムのアルコールを検出。羽田空港到着後の検査でも0・18ミリグラムが検出され、乗務不可と判断された。乗客はグループ会社のJAL便など他社便に乗り換えたという。

 機長への聞き取りでは、前日の7日午後5時半までに、東京都内でビール中ジョッキ2杯、日本酒約4合を飲酒したと話しているという。空港への出勤時刻の12時間前までに飲酒を終えることを定めた社内規定には違反していないとしているが、同社はさらに調査する。機長は入社22年目、機長歴は7年。

 那覇市内で会見した青木紀将社長は「多大な迷惑をおかけし深くおわび申し上げます。再発防止に向けて取り組みます」と話した。