[PR]

 明治安田生命J2リーグのモンテディオ山形は8日、アウェーでヴァンフォーレ甲府に2―2で引き分けた。モンテは7戦連続負けなしで、通算成績は9勝2敗6分けで首位を守った。次節は15日、ホームでモンテと首位を争う水戸ホーリーホックと対戦する。

 モンテは後半6分、先発したFW阪野豊史がコーナーキックのこぼれ球を反応よくゴールに流し込んで先制した。その後同点に追いつかれたが、ボールの奪い合いの際にMF山田拓巳が相手選手に蹴られ、PKを獲得。阪野が右足で決めて逆転した。だが、試合終了間際にヘディングシュートを決められ、引き分けに終わった。