[PR]

 絹織物で栄えた富山県南砺(なんと)市城端地区の菓子店「田村萬盛(まんせい)堂」が販売するカイコのフン入りのクッキー「蚕紗(さんしゃ)」が、土産品などとして評判を呼んでいる。

 カイコのフンは葉緑素が豊富で、腹痛などに効くとされる漢方薬の原料にもなる。フンを米粉の生地に混ぜ、マユ形に焼いたクッキーは舌の上でとろける。

 社長の田村悟敏さん(73)によると、カイコは農薬がかかった桑の葉は見向きもしないという。「フンだけど安全。城端の伝統を生かした健康食品です」(藤井満)