[PR]

 宮崎県小林市南西方の「花の駅 生駒高原」近くに、ワインの醸造・販売を行い、飲食もできるワイナリー「小林生駒高原葡萄(ぶどう)酒工房」が完成した。12日にオープンする。

 警備や介護、農業関連事業を手がける会社「NPK」(宮崎市、児玉和博社長)が市有地約5千平方メートルを借り、総工費約1億9千万円をかけてワインの醸造設備やショップ、カフェレストランを備えた建物を建設した。

 同社は2016年からワイナリー事業を始め、17年には同市東方に醸造所を設置。小林ワイン「ん・ダモシタン」を出荷してきた。市内に自社やグループ企業でブドウ農園を持っている。昨年9月には市と立地協定を結んだ。

 新ワイナリーでは市内産のブド…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら