[PR]

 参院選が迫る中、立憲民主党などの野党側は、老後の資産形成における「2千万円不足」問題に焦点を当てて政権追及を強める構えだ。安倍晋三首相と全閣僚が出席する10日午後の参院決算委員会でも、この問題をめぐって論戦が行われる見通しだ。

 この問題は、年金暮らしの高齢夫婦の生活費が30年間で約2千万円不足すると記した報告書を金融庁が出したことがきっかけ。年金制度に不安を抱かせるとして批判を浴びている。

 立憲の枝野幸男代表は8日、麻生太郎金融担当相が金融庁の報告書の表現を「不適切」と認めて釈明したことについて、「2千万円ためられない方に思いをいたすのが政治の役割。その自覚が決定的に欠けている」と強く批判。「もしかしたら参院選の最大の争点かもしれない」と記者団に語った。

 この問題に野党側が照準を定めたのは、年金問題が有権者の将来の生活に直結することに加え、10月に予定される消費税率10%への引き上げの是非にもつながるとみるため。26日の会期末までの間、予算委員会の開催などを要求しつつ国会論戦で引き続きこの「2千万円」問題を追及する方針だ。

 公的年金「100年安心」のキ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら