[PR]

 中国の楼継偉・元財務相が朝日新聞のインタビューに応じた。1980年代から経済政策の中枢に座り、日米摩擦もつぶさに見てきた「市場経済改革派」の重鎮に、激化する一方の米中貿易摩擦はどう映っているのか。圧力を強める米国を鋭く非難した舌鋒(ぜっぽう)は、国家主導色を強める中国自身の産業政策にも向けられた。(聞き手・吉岡桂子、福田直之)

「米国には屈しない」

 ――米国から中国への圧力が増しています。貿易摩擦の行方をどうみますか。

 「世界はいま、グローバリゼーションの大逆流のなかにあります。米国が仕掛けたもので、中米間の貿易摩擦として重点的に表れています。米国政府の目的は、中国を世界から切り離し、中国の勃興、とりわけ科学技術の勃興を抑え込むことです。しかし、無理でしょう。我々は長年にわたる改革開放で世界とつながっています。各国も中国市場から巨大な利益を得ているのですから、そう簡単ではありません」

 「米国は極限の圧力をかければ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら