[PR]

 昨年のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」で主人公鈴愛(すずめ)の祖父、仙吉を演じた中村雅俊さん。ドラマや歌、映画、舞台と幅広く活躍を続け、68歳の今も「永遠の青年」の雰囲気をたたえる。ただ、実際の青年時代はあれこれ模索していた。やりたいことはあるけれど、自信がない。そんな中村青年の背を押してくれた、一言の英語とは。

 宮城県女川町で育ち、慶応大へ。横浜の家賃5千円、ふろなし、共同便所の4畳半のアパートで暮らした。故郷の母からの仕送りは毎月2万5千円。道路工事や清掃、ホットドッグ屋、コピー取り、呼び込みなど、アルバイトに精を出して暮らしを支えていた。「部屋には冷蔵庫もテレビもなかった。ラジカセとギターだけがお供でしたね」

 大学3年のころ、所属していた東京学生英語劇連盟(MP)でオリジナルミュージカルを上演することになり、演出の奈良橋陽子さんとジョニー野村さん(奈良橋さんの元夫)の前で、自作の10曲をギターを弾きながら歌ったが、ジョニーさんに「洋楽じゃないね」と言われ、採用されなかった。

 そこで音響スタッフで加わるこ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら