[PR]

 国が来春の完成を目指す八ツ場(やんば)ダム(群馬県長野原町)の本体のコンクリート打設工事の完了式が12日、現地で開かれた。国は、水をためるテストの「試験湛水(たんすい)」を今秋に始め、来春以降にダムとして使い始める予定。戦後間もない1952(昭和27)年に浮上してから70年近い歳月をかけた計画は、大詰めを迎えた。

 NHKで放送された番組「プロジェクトX」の主題歌だった中島みゆきさんの「地上の星」のメロディーが流れる中、午前10時半ごろに始まった式典。地元住民代表や、群馬県の大沢正明知事、埼玉県の上田清司知事をはじめダムの受益者の1都5県の関係者ら約230人が集まった。ダム本体の頂上部に最後のコンクリートを流し込み、打設工事は完了。会場の大型スクリーンで工事の映像が流れ、拍手が起こった。

 地元の激しい反対運動や度重なる事業の遅れ、民主党政権下の中止表明と撤回などを経て、ダム本体工事は2015年1月に着手。16年6月、コンクリートを流し込み堤体を造る打設工事がスタートしていた。

 ダム本体の重さで水圧に耐える…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら