[PR]

 プロ野球の楽天がパ・リーグの混戦を演出している。下馬評は昨季の最下位に続き、Bクラス(4位以下)と低かったが、上位争いに加わり続ける。現役時代に輝かしい実績を残してはいない39歳の平石監督が、チームをどう立て直したのか。

選手起用法はまる

 ナゴヤドームで8日にあった中日戦。平石監督は新人4人を先発で起用し、相手のスキを逃さなかった。

 1―1の七回、ドラフト1位の辰己(立命大)が右翼線二塁打を放つと、同2位の太田(大商大)の犠打で三進。同7位で左打ちの小郷(立正大)がスクイズに成功。左腕ロメロが無警戒だったところを突いた決勝点だった。

 太田はこの日、プロ初先発出場…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも