[PR]

 長野県が人工知能(AI)を使った政策づくりに挑戦しています。2040年までを見すえた持続可能な県の姿を、京都大の広井良典教授(公共政策)らと予測しました。民主的な手続きにAIはなじむのでしょうか。阿部守一知事に聞きました。

 ――政策にAIを利用しようと思ったのはなぜですか。

 最初のきっかけは、広井教授らが2年前、AIを使って持続可能な日本の未来に向けた政策提言をしたことです。報道をみて、面白そうだなと思いました。

 今までの自治体の政策形成は、…

この記事は有料会員記事です。残り820文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り820文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り820文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら