[PR]

 8年3カ月前、高台の幼稚園を出発した送迎バスが津波にのまれ、乗せられた子どもたちが命を落とした。その親たちと交流を深めたシンガー・ソングライターが、鎮魂を祈る楽曲を作った。今も遺族の心に我が子は生き続ける。そんな思いに触れ、詞を紡いだ。

 宮城県石巻市。東日本大震災の復興事業が進む土地の一角に、犠牲となった私立日和(ひより)幼稚園の園児4人の名を刻んだ慰霊碑が立つ。4月、碑の前に集まった遺族らと並んで有坂ちあきさん(36)がマイクを握り、楽曲「会いたくて」を歌い上げた。

 あの日が最後だと分かっていたのなら あなたの小さな手を離しはしなかった

 会いたくて あなたの笑顔にもう一度

 どこかできっと笑っていて

■自身の体験重ね「恩返…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら