[PR]

 静岡大(静岡市駿河区)と浜松医科大(浜松市東区)の法人統合・再編計画をめぐり、静岡大の石井潔学長の発言が波紋を呼んでいる。計画を審議した3月の大学経営協議会で、石井学長は、知事、静岡・浜松両市長とも賛成しているという趣旨の発言をした。議事録公開後の今月になって、田辺信宏静岡市長、川勝平太知事が賛意の表明を否定。再編に反対している教員らは、虚偽の説明に基づく結論だ、として協議のやり直しを求めている。

 石井学長は3月の大学経営協議会で、ステークホルダーとしての自治体の意見を外部委員に問われ、「知事についてはもともと遠州大学と駿河大学のように大学を二つに分けることを提案されており、本案に賛成していただいている」「浜松市長にも賛成いただき、静岡市長からは、これを機会に様々な取り組みを進めてくださいとの意見をいただいている」と話した。

 これに対し、田辺市長は今月3日、学長と面会し、「静岡大学らしいアイデンティティーや大きなビジョンを確立してください、とは言ったが、賛成とは一切言っていない」と抗議。4日の定例会見で、議事録の訂正を求めた、とした。

 川勝知事も11日の定例会見で…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら