[PR]

取材考記 大阪社会部・光墨祥吾

 近畿大学の男子学生(当時20)が2017年12月、テニスサークルの飲み会で大量のウォッカを一気飲みした後、死亡した事件を取材した。大阪府警は泥酔した学生のために救急車を呼ばなかったとして、上級生ら12人を保護責任者遺棄致死の疑いで書類送検した。悲劇はなぜ繰り返されるのか。

 10年前、私は入学した都内の大学で、音楽サークルに所属した。一つ年上でも随分大人に見え、金髪で派手な格好の先輩は近寄りがたかった。でも、酒を飲めば距離が縮み、語り合える。それが仲間の証し。そんな雰囲気があった。

 無言の同調圧力と上下関係――…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら