[PR]

 太平洋戦争末期の沖縄戦の激戦地だった沖縄本島南部。地下の洞窟(壕(ごう))の奥深くで土にまみれながら、那覇市の南埜(みなみの)安男さん(54)は日中の多くを過ごす。戦没者の遺骨や遺留品を掘り起こし、家族の元や故郷に返したい。その一心で。

 旧日本陸軍第24師団司令部があった糸満市の壕。今月上旬、南埜さんはロープをつたって入り口の急斜面を下りていった。ごつごつした岩の間は、体がやっと通るほどの狭さの所もある。今年2月以降、ここに入るのは70回を超えた。

 ヘッドライトを頼りに、たまった土砂をピッケルや手でかき分け、遺骨や遺留品がないか目をこらす。「地味な作業よ」。しばらくすると声を上げた。「万年筆が見つかった」。軍手で泥を丁寧にぬぐった。

 堺市出身で、子どもの頃から戦争に関心を持ち、けがを負った元軍人を見かけることもあった。十数年前、初めて沖縄を訪問。観光目的で毎年来るようになり、飲み屋で偶然、名も知れない多くの人たちの遺骨が、今も眠っていることを知った。戦後60年以上が経ち、遺骨の収集はすでに終わったと思っていた。「知っててやらんのはあかんな」。そんな思いが頭から離れなくなった。

 49歳で運送会社を退職し、大阪から沖縄に移住。自宅マンションの売却金などを取り崩しながら、各地の壕での掘り起こしに専念してきた。最初の頃は、壕の中で息苦しさやぞくぞくとした寒気を感じたこともある。それでも「洞窟の中で死にたい人はいない。地元に帰ってお墓に入りたいはず」と、今では週に5日は壕に足を運び、6~8時間ほど作業する。基本的に1人だ。

 遺骨が見つかれば、自治体などに連絡し、戦没者遺骨収集情報センター(糸満市)に引き渡す。名字だけのものも含め、名前が刻まれた遺留品も数十点あり、戦没者名簿など手がかりとなる資料に当たり、遺族らを探す。これまでにボールペンや三角定規など10点ほどを引き渡せた。「これも一つの慰霊の形」

 最近では、北海道虻田村(現・…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら