[PR]

 バスケットボール男子BリーグのA東京は11日、日本代表フォワードの馬場雄大(23)が米プロ協会(NBA)のマーベリックスから招待を受け、ミニキャンプに参加すると発表した。テキサス州ダラスで6月16日から3日間行われ、7月のサマーリーグでプレーする選手が選考される。栃木のガード、比江島慎(28)も参加が決まっている。

 身長198センチの馬場は富山県出身。筑波大からA東京に入り、2017~18年シーズンに新人賞。18~19年シーズンはリーグ連覇に貢献し、年間王者を決めるチャンピオンシップの最優秀選手に輝いた。日本代表として来年の東京五輪での活躍も期待されている。

 A東京は馬場の海外挑戦を支援する方針。本人は「この挑戦は目標を達成するための大きな一歩になる」とコメントした。