仏でも課題「ヒキコモリ」現地で訪問診療する名大准教授

有料記事

斉藤佑介
[PR]

仏で「ひきこもり」の人たちを訪問診療する精神科医 古橋忠晃さん

 「ひきこもり」は日本だけの課題ではない。名古屋大学学生支援センターの准教授で、精神科医の古橋忠晃さん(46)は3年ほど前からフランスで訪問診療に関わり続けている。日仏共同で論文を発表後、欧州各地でひきこもりの認知が広まっている。「ひきこもるのは、社会の何らかの課題を問い続ける人たち。私たちはそこから社会を読み解く姿勢を持つことが大事だ」と話す。

 「サムライが来た」。長年ひきこもるフランスの人たちが、部屋に招き入れてくれる。本人に伝えることは「ひきこもりはあなたの生き方。病気じゃない」だ。

 昨秋、仏東部ストラスブール…

この記事は有料記事です。残り466文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!