[PR]

 老後の生活費はいくら必要なのか。多くの人が疑問を抱く点に、金融庁の報告書は「約2千万円」との試算を出し、批判を浴びた。

 必要額は現役時の年収や老後に望む生活水準で大きく違う。報告書が前提としたのは、総務省の17年の家計調査の数値で高齢無職世帯の平均像。夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの世帯で、支出が収入を月約5万円上回るとした。それを蓄えから取り崩すため、預貯金や退職金などで2千万円分必要だと指摘した。

 ただ、家計調査の18年のデータだと結果は異なる。第一生命経済研究所の永浜利広氏が同じ条件で試算すると、必要額は約1500万円に減った。収支の差額が17年より小さいためだ。

 一方で、2千万円では足りない…

この記事は有料会員記事です。残り625文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り625文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り625文字有料会員になると続きをお読みいただけます。