[PR]

 太宰に一番愛された街・船橋を知って――。作家の太宰治(1909~48)が生まれてから今年で110年になるのを記念し、太宰が一時期住んだ千葉県船橋市に誕生日の19日を前に、新たな文学碑が建立された。「太宰と船橋の関わりを多くの人に知ってもらいたい」との願いが込められている。

 文学碑は、船橋太宰会の海老原義憲会長(68)が発案し、太宰ゆかりの宿「割烹(かっぽう)旅館玉川」(同市湊町2丁目)に建てた。

 太宰は1935年、26歳のときに、鎮痛剤中毒の療養のため、船橋町(現在の船橋市宮本1丁目)に移り住んだ。新築の借家で1年3カ月ほど暮らした。この間、「ダス・ゲマイネ」や「虚構の春」などを執筆。最初の短編集「晩年」も出版した。

 周囲に作家だと公言するように…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら