【動画】性被害救える社会へ「フラワーデモ」名古屋でも開催=上田潤撮影
[PR]

 性暴力と、性犯罪に対する司法判断に抗議する「フラワーデモ」が11日夜、東京や大阪、福岡など9カ所で企画された。性犯罪をめぐる裁判で「同意のない性交」と認定しながら無罪となる判決が相次ぎ、4月に東京で始まった抗議活動が全国に広がりつつある。

 呼びかけ人で作家の北原みのりさんによると、11日は5月にもデモがあった東京、大阪、福岡のほか、初めて札幌、仙台、名古屋、神戸、山口・下関、鹿児島でも開かれたという。「声を上げたい」と自発的に広がった。花を持ったり、花柄の服を着たりして、判決への抗議と被害者へ寄り添う気持ちを表すことから「フラワーデモ」と呼ばれている。

 東京駅前で開かれたデモには花柄の洋服を着たり、生花を手にしたりした男女約300人が集まった。マイクを握った後藤稚菜(わかな)さん(27)は上司から受けたセクハラ被害や彼氏から受けたデートレイプ被害を告白した。「恐怖感と憎悪を植え付けられた」と話し、「政府には性暴力被害者への支援や加害者への更生プログラムなどに力を入れてほしい」と訴えた。

 20代の男性は交際中の女性と参加した。彼女から以前、性被害に遭った話を聞いたことがあるという。「身近な女性を守るためにも、女性の声に耳を傾けなければと思って」と話した。(滝口信之、上野創)

「大人を信用できません」

 性暴力に反対し、司法に性犯罪を厳しく罰するよう求める「フラワーデモ」が11日、名古屋市中区の久屋大通公園であった。4月に東京、5月に大阪・福岡で始まり、この日は全国9都市で実施。名古屋では約200人が集まり、生花や花柄の衣服を身につけ、被害者に寄り添う思いを表明した。

 愛知県内では今年3月、虐待により抵抗できない状態だった娘と性交したとして準強制性交等罪に問われた父親が、名古屋地裁岡崎支部で無罪判決を言い渡されている。

 デモでは、性犯罪の被害者らがスピーチした。涌井佳奈さん(44)は高校時代に教諭から性被害に遭い、30代になってからPTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しんだ。2015年に当事者らの支援グループ「Thrive(スライブ)」を立ち上げた。「性犯罪は尊厳を奪う。大切な人が被害に遭った時、きちんと救える世の中に、皆さんで変えていきましょう」と訴えた。

 「Thrive」のメンバーの愛知県豊川市の女性(33)は、養父から性的虐待を受けてきた。誰にも言えずにいたが、今年2月に長女(当時15)が別の男に性被害に遭った。この日、長女の手紙を代読した。「どうして罪が重くならないのかな。でも一人でも多くの方が共感してくれたらうれしいです。私は大人を信用できません。警察や検察に何度も話を聞かれ、周りの人の目が怖い」

 女性は、泣きながら話した。「やるせない思いでいっぱい。世の中を変えたい。誰かのためになるなら私は大声で叫び続けます」

 フラワーデモは今後も、毎月11日に各地で開催されるという。(江向彩也夏)