[PR]

 食卓や弁当で親しみ深いノリの製造大手が今月、値上げにかじを切った。背景にあるのは、1972(昭和47)年度以来という養殖ノリの凶作だ。さまざまな原因が指摘されているが、対策は道半ば。「おむすびにノリを巻けなくなる」という悲鳴も上がっている。

 やむを得ず海苔(のり)製品の価格を改定させていただくことといたしました――。

 今年4月、白子(東京)、大森屋(大阪)、ニコニコのり(大阪)のノリ製造大手3社が6月出荷分からの値上げをウェブサイトで相次いで発表した。家庭用商品の値上げ率は0・5~8・4%。このうちの1社の担当者は、「その後から卸業者に理解を求めて回った。今は小売業者に事情を説明している」。東京都内のノリ店の店主は「駆け込み需要なのか、5月は客が多かった」と話す。

 値上げの背景にあるのは、全国で46年ぶりの水準というノリの凶作だ。

 「もう無理」。千葉県富津市の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら