[PR]

ごはんラボ おにぎり

拡大する写真・図版おにぎり=合田昌弘撮影

 今回から2回のテーマは「ごはん」。1回目はおにぎりです。西日本に多い俵形、東北の太鼓形など地域によって形は多彩ですが、今回は三角に握ります。

 1合のお米は、炊きあがった状態で約300g。コンビニおにぎりのサイズなら3個、小さなものなら4個できます。めざすは、形が整っていて、簡単には崩れないけれど、硬すぎないおにぎり。形よく握るポイントは、手の形です。上になる利き手は山形に。この手が、おにぎりの形を決めます。反対の手は厚みを決める役割。手前に回転させながら、キュッと力を加え三つの角を軽く整えます。昔は手でじかに握りましたが、食中毒を防ぐため、ラップを使います。

 1個分の塩小さじ1/8はいわゆる「少々」で、親指と人さし指でつまんだくらい。具なしの「塩むすび」でも十分おいしく感じられる量です。混ぜごはんを握ったり、とろろ昆布やワカメをまぶしたり。バリエーションは無限に広がります。(栗田優美)

監修・料理:渡辺あきこ

調理科学 :香西みどり

【材料(6個分)】

□ ごはん 2合

□ 梅干し 2~3個

□ 塩 小さじ3/4

【道具】

□ ラップ

□ 茶わん

□ しゃもじ

□ 菜箸

【作り方】

①いつも通りの水加減でごはんを炊き、しゃもじで軽くほぐす。梅干しは種を除き、粗くちぎっておく。

②茶わんにごはんを軽く盛る。中…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら