[PR]

 経団連と大学側が4月、「新卒一括採用のみでは企業の持続可能な成長は困難」として、転職者や留学の経験者らを中心に通年採用を広げることで合意した。人材の確保は各企業にとって共通の課題。今後、採用活動の見直しが本格化するとみられている。

 通年採用について、導入済みの企業は35社にのぼった。「導入する予定がある」と答えた19社と合わせると、5割強が前向きな姿勢を示している。導入済みというニトリホールディングスの似鳥昭雄会長は、「多様な人材を確保する観点で採用時期の枠組みを外すことは有効だ」とする。

 一方、「学業への影響、企業側の負担増が懸念されるため慎重に検討する必要がある」(三菱重工業)といった声もあった。

 通年採用が就職活動に与える影…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも